リハビリテーションの種類と仕事内容について紹介します

リハビリテーションの種類と仕事内容について紹介します

リハビリテーションの仕事を知ろう

リハビリテーションの仕事を行う人と言うのは、大きく分けてみると、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の3つになります。これらの職業の人たちに共通して言えることは、リハビリテーションにより身体機能を改善させる専門家ということです。

理学療法士とは、医師の指示を受け、病気や事故、ケガなどで体の障害を抱える人、身体機能が衰えた高齢者の運動機能を回復させることを目的としています。作業療法士は、事故や病気によって障害を抱えることになった人たちに、医師の指導によりリハビリテーションを行い、日常生活を行うための能力を高めることを目的としています。両方とも同じように思われますが、理学療法士は立つ、座るといった基本機能の回復をサポートすることに対して、作業療法士は細かな動作のリハビリテーションを行うというものです。

言語聴覚士については、生まれつきの障害、脳機能の障害によって会話が不自由な人に対して、言語能力・聴力能力の回復をするリハビリテーションを行います。

高齢化により、これらの職業のニーズは高まっているのです。病院、リハビリセンター、福祉センターはもちろん、スポーツセンターなどでの活躍をしています。リハビリ自体が根気がいる仕事ですから、やりがいを感じることが出来ます。

こうしたリハビリテーションの仕事について、このサイトでは紹介していきます。将来的にリハビリテーションの仕事をしたいと思っている人の参考になれば幸いに思います。