リハビリテーションの種類と仕事内容について紹介します

リハビリテーションの種類と仕事内容について紹介します

理学療法士

理学療法士というのは、医師の指示に基づき、ケガや病気によって体に障害のある人、障害の発生が予想される人に対して、歩くこと、立つことといった基本的な動作の機能回復、障害の悪化を予防することを目的としたリハビリテーションを提供するという仕事です。

仕事内容としては、対象者一人ひとりの医学的観点、社会的視点から身体能力、生活環境を評価して問題点を抽出します。そのデータから、適切なプログラムを作成していくのです。

理学療法士が行う治療は、関節可動域の拡大、筋力強化、マヒの回復、さらには痛みの軽減やスポーツなどのパフォーマンスの向上といったような、運動機能に直接働きかけるという運動療法、テーピングや装具といった機器を活用したものなど、様々な方法を用いてリハビリテーションを行います。その人が人らしい生活を営めるようにQOLを高めるためのサポートをする自立支援、生活支援、家族教育、患者教育、健康促進、介護予防といったことも行います。障害に対してのリハビリテーションの進め方などの説明も義務として行います。

理学療法士は、病院をはじめとして、リハビリテーション施設など様々な場所で活躍をします。とてもやりがいのある仕事ですし、近年需要が高まっています。