リハビリテーションの種類と仕事内容について紹介します

リハビリテーションの種類と仕事内容について紹介します

作業療法士

作業療法士とはどのような仕事内容となっているのでしょうか。

作業療法士と言えば、病気やケガが原因となり、身体が不自由であったり障害を抱えていたりするといった人に対し、医師の指示の元にリハビリテーションを行うことにより、日常生活において必要な能力を高めるための訓練、指導を行うというものです。

作業療法士の専門としては、リハビリの中でも身体的・精神的なところがあります。身体的なリハビリについてですが、これは関節を動かす、筋肉を発達させる訓練を行ったりするというものです。これにより、身体機能に問題がある人を良い方向に導きます。食事、入浴、排せつといったような日常生活を送る上で必要になる動作をリハビリにより訓練するのです。精神的なリハビリに関しては、精神に障害がある人に対して、考え方を変える、または気分を発散させるためのアプローチを試みに社会復帰を図るのです。

どちらのリハビリに関しても、機械的な訓練を行ったらよいというわけではありません。あくまでも患者さん一人ひとりに対して向き合うことが必要になりますし、その人に合ったリハビリの方法を考えるようにするのです。そうした面から見ると、とてもやりがいのある仕事であると言えます。