リハビリテーションの種類と仕事内容について紹介します

リハビリテーションの種類と仕事内容について紹介します

言語聴覚士

言語聴覚士という仕事は、生まれつきの障害、脳梗塞や脳卒中といったものにより、話すことが難しい、不自由であるという人に対して、言語能力、聴覚能力の機能を回復させることを目的としてリハビリテーションを行うという仕事になります。言語のみならず、食べる、飲み込むといった動作が出来ない問題にも対応します。

言語聴覚士が行うリハビリテーションとは、話す、聞くという動作が重視されます。こうした障害を持っていると、どうしても他人とのコミュニケーションが難しくなる可能性が出てくるのです。話す、聞くといった動作が出来ない原因は、発達障害をはじめとした様々な言語障害が原因であったり、伝音性難聴といったことが原因ということも考えられます。もちろん、心理的な要因が絡んでくることもあるのです。

言語聴覚士は、上手に聞くことが出来ない、話すことが出来ないといった症状を持った患者さんの問題に対する原因を探り、検査も行います。それにより、一人ひとりに合った訓練プログラムを考えるのです。このプログラムを考え、患者さんと向き合い指導するということにより、改善へ向かわせるわけです。とてもやりがいのある仕事であり、近年需要が高まっているのです。